時間がくねくねしてなくてよかった

答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます

モロッコ編

出発

洞窟を発見するという当初の目的が達成されたので、ティヌリールを出ることを決意した。出発の朝、皆に挨拶をした。宿泊費と食費を自分で全て計算し、ハミッドに渡した。金額が間違ってるとかまだ言われるんじゃないかと心配していたが、彼は文句を言うどこ…

好奇心とリスク

ティヌリールの近くにはチュトラダニという美しい谷がある。ティヌリールからほんの乗り合いタクシーで20分のところだ。ある日ひとりでチュトラダニを訪れた。山で洞窟にすむ人々にはチュトラダニからいけるという情報も入手していたので、その確認も兼ねて…

飯と家計

昼飯を一緒にいただくことにした。ハミッドが金額をとうとう言ってきたからだ。1食30ディルハム。悪い金額ではない。サラダとタジンとパン。パンはアルームと呼ばれ1日3食に必ずついてくる。残念ながらライスは一切食べないのでいつもパンだった。てっきり…

アラブの絆

マブルック家の近くには高校があり、学校のそばをよくらぶらしていた。フレンドリーで話しかけてくるやつが多い。また、ちょっかいを出してくる輩も多い。センターのほうに向かって歩いていたら、途中子供たちがいて、かすれた声で何か言ってくる。可愛らし…

金、金、金

町に連れて行ってもらった。みんながセンターと呼ぶその場所は文字通り町の中心地だ。小さなマーケットがある。連れて行ってくれたのは四男のハミッドと三男のジャミル。彼らは基本的に時間をもてあましているようだ。町には友達だらけで、立ち止まりあいさ…

マブルック一家

お世話になっていたのはベルベル族のマブルック一家だ。家族構成ははパパ(63歳)、ママ、そして男6人と女5人の兄弟。長男は旅行中で不在で、長女は嫁いでいてこの家には住んでいない。次男はいつも家にいない。三男のジャミル(35歳)は多少英語が話せて、…

ティヌリール、到着

マラケシュは1日で出た。観光地のアラブ人ほどやっかいなものはないからだ。行き先も決めず逃げるようにバスターミナルへ向かった。東に位置する砂漠の町エルフードに行こうとは考えていたので、途中の町ティヌリールまでのチケットをとりあえず購入した。ち…