時間がくねくねしてなくてよかった

答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます

ネパール経済の脆弱さ Weakness of Nepali Economy



ネパールでトレッキングを経験した。ランタン渓谷という世界で最も美しい谷のひとつといわれる場所だ。谷と言っても、その谷にたどり着くまでに山をいくつも越えて登っていかなければならない。ランタン渓谷は標高3870mに位置する。ランタン渓谷からさらにチェルコリーという山に挑戦した。標高は4984m。麓の村が1467mだったのでトータルおよそ3500mは登ったことになる。また距離で言うと、約150キロの道のりを歩いた。期間は1週間。ほんとうに険しい道のりで、いままで経験したことのないくらいの疲労があった。

ランタン渓谷含めネパールには国立公園に指定されている地域がいくつかある。そこに入るためには許可証を得る必要がある。またトレッキングを行う場合にもその許可が必要になる。あわせて30ドルもの金額がかかる。ネパールにおいて観光業は貴重な収入源だ。旅行会社も必死にツアーを組ませたり、ガイドをつけたりしている。しかし貴重な収入源なので仕方のないことだと思う。

太陽のありがたさが山にいると分かる。一部の場所を除いて電気はない。ほとんどの場所で太陽電池を利用していた。太陽電池を利用しているが電球にのみ使われる。薪で飯つくる。朝5時におき8時に寝るという生活が山では当たり前、俺もそうしていた。太陽の力を最大限に使っている。自然とそうなる。夜は布団にはいっていないと寒い。暖房もないから薪で暖とる。冬は活動していないと寒い。じっとなんかしていられない。机に向かって勉強なんでできない。この地域は識字率が異常に低い。

途中出会ったポーターと話をした。40キロの荷物を麓の町から頂上まで3日かけて運び1日かけて戻る、という仕事をしている。1回こなして全部で900ルピーだという。日本円にして約1000円。食事、宿は支給されるでるみたいだが、1日250円。今40歳で20年続けているという。すごい精神力だ。とても真似できない。俺は10キロの荷物で本当に限界を感じたが、中には100キロ運ぶ人もいるというから信じられない。食料、木材からガスボンベにいたるまで必要なものすべて運ばれる。ヤクや馬などの家畜も活躍する。トレッキング中何人ものポーターを見かけた。皆もくもくと頂上を目指していた。ここでは普通の仕事なんだろうが、俺には正直奴隷のように見えた。フィリピンでも暑い日差しの中、立ちながらタオルを売っている人を見たが、日本人には真似できないような仕事をしている人が沢山いる。事実、ネパールの若者はサウジアラビアやドバイなどで現地の人が嫌がるようなきつい労働をしている。彼らを派遣する会社もあり、現地にはネパール人スタッフがいるので言葉も必要ないみたいだ。日本で快適な暮らしが出来るのも陰でつらい肉体労働をしている人間がいればこそだ、とつくづく感じた。感謝しなければいけない。コカコーラ500mlが頂上で250ルピーで売っていた。首都カトマンドゥの安いスーパーなら25ルピー。10倍の値段。でも決して高くはないだろう。こうしてトレッキングを楽しめるのも彼らがいればこそだ。僕たち観光客がなにげなく飲むコーラ1本が彼らの1日の給料より高い。

ネパールには世界に誇れる経済が存在しない。主な産業は農業であり就業人口の約7割、GDPの約3割を占める。それ以外の産業では、繊維産業と観光業が主たる産業となっている。トレッキングの途中、橋や道路が建設されていたが中国により建設されているとのこと。確かに車に会社の名前が漢字で書かれていた。聞くとネパールにはそういった技術がないため中国が担っているという。労働者はネパール人だった。給料はひと月5000ルピーにも満たないとのこと。1日300円以下。ある町の木材加工の工場を訪ねたことがあったが、労働者はすべてインド人だった。ネパール人は技術持ってないから、と同じ理由。ドアに使用される加工された木材20枚ほどで50000ルピー。ものすごく高い。

ネパールは中国とインドに囲まれているので両大国の影響を受けざるを得ない。インドとネパールの国民はビザなし、パスポートなしで両国を行き来できる。また、インド国民はネパールで自由に働くことができる。事実、仕事や住む場所を求めインド人が沢山入国している。ネパールとインドの国境ではインドから沢山のトラックが荷物を運んでいるのを見た。ネパール国内には中国産の電化製品、衣類が溢れている。主要な経済はインドや他の国の人間がネパールで事業するケースが多いそうだ。そしてそれはやはりフィリピンのように海外への人材流出を引き起こしている。そしてそれはやはり外国の利益へとつながる。この悪循環が解消されるためにはネパール国内の基盤が不可欠だ。

ネパールはグルカ兵と呼ばれる兵隊を世界中に派遣する世界有数の民間軍事会社を持っている。ネパール兵は質が高く人気があるみたいだ。月収1000ドル以上のグルカ兵の給与は大変な高給であり、傭兵で一攫千金を夢見る人間が多く出ている。だがトレーニングは過酷で厳しい試験も行われる。
ネパールのある学校を訪ねたことがあったがそのクラスの15歳の男の子達のなりたい職業No.1は兵隊だった。

ふと思ったが、山から屈強なポーター達を集めたら何かビジネスになりはしないだろうか?

I tried trekking in Nepal. The place is Langtang valley, which is called the most beautiful valleys in the world. I had to climb mountains for reaching the valley. Langtang valley is located 3870m. I tried climbing the mountain from Langtang valley, which is called Tserko Ri and located 4984m. The village I started walking is located 1467m, so I totally climbed about 3500m from the foot to the top of the mountain. And about the distance, I walked about 150km for a week. It was very hard time and I was pretty tired at that time.

There are a lot of national parks like Langtang valley in Nepal. We need a permission to enter national park and we need the other permission when we go trekking also and it cost 30 dollars. Tourist business is the most important business in Nepal and it brings much money from foreign countries. Tour companies try to make a customer go a tour which they plan and introduce a guide for trekking. But tourist business is big income source for Nepal so there is no choice.

I really think in the mountain that the sun is very precious for us. There is no electricity except for some place in the mountain. People use soar battery in most of the places and it is used for a bulb. They cook by firewood. They wake up in early morning and go to bed in early evening and I also followed the lifestyle there. They make the best of the sun and it’s natural in the mountain. They would feel cold in the evening unless going to bed. They don’t have heating system and they use firewood. They wouldn’t be able to keep themselves pausing in the winter. It’s so difficult to study in a room that most of them are not able to write a letter.

I talked a porter during trekking. He brought the heavy bag, which is 40kg. Their work usually takes 4 days for one time. Going up is 3 days and going down is 1 day. He gets only 900RS for one time. It’s almost 12 dollars but he can gets food and lodging. He gets only 3 dollars one day. He is 40 years old and continues for 20 years, I can’t believe it. He has terrific courage. I wouldn’t be able to follow him because it was hard time for me thought my bag was 10kg. But some people bring 100kg, I couldn’t believe it. Porter brings everything people need like food, wood, gas and so on. Yak and horse also bring bag. I saw many porters during trekking. They walked without talking. Their work is common there but I felt it was like slavery. I saw the person who sold towel with shouting and standing in the Philippines and I think there are people who do a hard work which we Japanese can’t do. In fact, young Nepali does a hard work in the other countries like Saudi Arabia and Dubai. Some companies send people to the country and they don’t need to speak good English because a Nepali manager is there. I really thought that we wouldn’t live comfortably if they didn’t work like that. We have to appreciate them. I saw 500ml Coca-Cola bottle at the top of mountain and it was sold 250RS. In a town of Nepal, it is sold 25RS, so it is ten times but I think it’s not too expensive. We can go trekking because of a porter. We just drink Coca-Cola but the price is higher then their salary of one day.

There is no good economy in Nepal. Agriculture is in the majority, it’s almost 70 % of people and 40% of GDP. Except for agriculture, there is fiber industry and tourist business. I saw during trekking that a bridge and road were making and they are made by China. I saw Chinese letter on the car. Nepal doesn’t have the good technique of making a bridge and road, so China does that. The workers were Nepali and they get money less than 5000RS a month. It’s less than 4 dollars a day. When I visited a factory of dressing wood, the workers were Indian. I also heard that Nepali doesn’t have technique about it. The 30 woods dressed were 50000RS and I thought it was very expensive.

Nepal is easily affected by India and China because Nepal is surrounded. Nepali and Indian are able to enter each country without a visa and a passport. Indian can work in Nepal free. A lot of Indian enter Nepal and find the place they live and a job. I saw many trucks brought many supplies to Nepal. And there are many products like electrical appliances and clothes made by China in Nepal. A popular economy is managed by other countries like India and it causes draining of people to foreign countries and it also becomes benefit of them. Economy basis is needed for dissolving the vicious circle.

Nepal is well known as the country has a private martial enterprise which sends the army, which is called Gorkha, for many countries. Gorkha army has a good crop and they are in demand in the world. Gorkha’s salary is very high, it’s about 1000 dollars a month and people try to be the army but it’s very hard to be the army because there is hard training and a hard exam. When I visited some school, I asked the children about their dream and the most popular one is the army.

If I gathered sturdy porters from the mountain, it would be any good business. Don’t you think so?

In case you are satisfied, please click here

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています。「世界一周」をクリックしていただけるとランキングがあがります。旅してるとそんなことでかなり救われます。またここから世界一周のブログランキングも確認することができます。