時間がくねくねしてなくてよかった

答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます

LINEはメモ帳として使うと便利

f:id:yojiro_s:20180919213149j:plain

LINEをメモ帳として使うと便利なことに気が付いたので共有したい。私はこれまでメモはメモアプリを使用していたが、2つのアプリともよくあるタイプのシンプルなものだった。新規作成をして、それが個別で一覧できるタイプのものだ。まあ無難な使い心地だったかもしれないが、やはり紙のメモと違って電子だと読み返すことも頻繁にしないし、ついどこに何を書いたかが分からなくなることが多かった。また、テキストタイプのメモアプリなので、スマホで見ていると目が疲れるほど見づらいなと思っていた。

 

私はリマインダーに便利だと思っていたので以前までLINEの「りんな」という女子高生AIをメモ帳代わりに使うことがあった。「りんな」にメモをして、返信が来る前に閉じることで、未読の赤いマークがつくので忘れないで便利だったのだ。しかしその「りんな」はこちらが一つをメモすると多い時など5-6回の返信をしてくるので、とてもうっとおしかった。そしてあるとき「一人グループを作ればメモし放題なのでは」と気が付いたのだ。そしてそれはやはり使いやすさが抜群だった。一人グループなので未読の赤いマークがつくことはないのだが、他に便利な点を沢山みつけたので、その使い心地を紹介したい。

 

 

見やすい 

LINEは使っている人も多いだろうから分かると思うが、メモアプリと比べて文字が抜群に見やすい。私が使っていたシンプルなメモアプリは2つともテキストスタイルで、つまりただの文字の羅列だった。行間を空けてもどうしてもごちゃごちゃして見づらいと感じていた。しかしLINEであれば、メモの一つ一つが吹き出しになっていて、緑の網掛けもされているのでとにかく抜群に見やすいのだ。

 

操作性がメモ帳の比じゃない

LINEはみなさんご存じのように徹底的に使いやすさが追及されている。操作性が抜群なのでメモにも使わない手はないのだ。スクロールしてメモを一気に閲覧することができる。わざわざメモアプリを使うメリットは全く感じなくなった。

 

日付けが入る

日が変われば日付けが入るので、メモにわざわざメモをした日付けを書き込む必要がない。日記アプリにすればいいと思うかもしれないが、日記アプリはやはり日ごとに独立してしまうので、すぐにメモを取り出せない。一覧性ではどう考えてもLINEに軍配が上がる。いつどんなメモをしたかが一目瞭然なので、過去にどんなことを考えていたのか思考の流れも追うことが出来る。日付どころか時間まで入るのだ。

 

消すのも簡単

メモを消すときもワンタッチでサクサク消していけるので早い。メモアプリよりも消す手間が省ける。

 

リマインダーとしてやはり優秀

先ほども触れたが、やはりリマインダーとしてかなり優秀なのも便利なところだ。未読でなくても、LINEならば頻繁に使用するのでどこに何をメモしたか忘れない。あちこちにメモをしてしまうとどこにメモをしたか分からなくなるが、LINEで一元管理をすればさすがに忘れることも無い。

 

一人グループを複数作ることでさらに使いやすい

一人グループを作ったら、メモをする内容をグループ名に設定する。そうすることにより何について書かれているメモかが一目瞭然となる。「仕事」「プライベート」など分ければ非常に使い勝手がいい。

 

ピン留め機能も活用

LINEのピン留め機能を使うことで、そのメモをページのトップに固定させることが出来るのでさらに使いやすくなる。ピン留め機能は複数のグループに適用できるので、メモを全てトップに固定させることも可能だ。「9月」「10月」など月ごとのメモグループを作ったとすれば、古いグループのものはピン留めを解除させ下に落としていけばさらに整理しやすいだろう。

 

画像や映像も保存しやすい

また、LINEを使用している人なら当然知っていると思うが、画像や映像も保存しやすい。メモアプリではURLが出るだけだが、LINEならば何の動画か、もちろんなんの画像か一目瞭然なのでとにかくひたすら使いやすいのだ。

 

是非知らなかったという人は試してみて欲しい。

 

ツイッターの使い方はこちらから 

www.mapp.jp