時間がくねくねしてなくてよかった

答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます

ブログを毎日書くのはなぜ良いことなのか

ブログは毎日書くと何がいいかが少しわかった。

 

毎日ブログを更新するべきだ、といった話をよくツイッターで目にする。

 

私もこれには賛成で、なぜならどんなに中身がない文章でも、まずは習慣化させることが大事だと思うからだ。

 

質の低い文章はアフィリエイト的にはゴミかもしれないし、SEO的にはマイナスに働くのかもしれないけど、量をこなして質がようやく高まってくるから、やはりまずは書かなければ話にならない。

 

質の高い文章を初めから書くことは出来ない。質の高い文章を書くために「書かない作業」で質を高めようとしても、書かないことには質は高まらない。だからゴミみたいな記事を量産してやっと質の高い記事が書けるようになる。だからとにかく書いた方がいい。初めから綺麗なブログなんかできるはずがない。綺麗に作りたいのは分かるが、誰でも上達すれば過去の自分の記事は質の低いものに感じるはずだ。初めから綺麗なブログなど作れない。どのみち何度も編集する羽目になると思う。

 

ゴミを量産するという情けない姿をさらけ出せるくらいの方がいい。きちんとしたブログを運営しているんですと他人から見られたいようなプライドの高い人はさっさとそのプライドを捨てた方がいい。プライドは他人を気にしちゃいけない。本当のプライドは自分で自分に納得できているかどうかだと思う。

 

よくツイッターで「毎日書くことには意味がない」というようなツイートを見かける。そんな宣言をわざわざする必要はあるのだろうか。ない。自己正当化にすぎない。毎日書こうと決めた人間が出来なかったときの言い訳にすぎないと思う。その小さな言い訳が自分を徐々に甘やかしていく。毎日書くことが継続できない日が来ても、そんな風に自分を正当化しないで「今度こそ続けよう」と決めた方がいい。何度でも挫折して立ち上がって習慣化できるように頑張ればいい。実際に毎日書くのは超人レベルにすごいことだと思う。だからこそそんな人に近づきたい。今日はどうしても書けなかった、という日があってもいい。それで言い訳をして「毎日書く必要はない」というような自己正当化はやめたほうがいい。習慣にすることはなによりも大事だと思う。

 

そして、毎日書こうと決めると「今日は本当に何も書くことが無い無理だ」と毎日のように思わされるが、そんな状況になると人は自分の中にあるものをとにかく絞り出そうとする。それがとてもためになる。そしてなんだかんだ何とか一記事を獲得できたりする。

 

絞り出す作業は自分の限界のようなものを知れるからいい。もっと勉強しなければと思わせてくれる。アウトプットしようにも書くことがないのだから、常にネタを探すようになる。起きている間じゅうずっとだ。そうすると、きっと探す能力も徐々に高まってくる。探せるようになってくる。ネタに困ることがきっとなくなってくる。無理なく毎日書けるようになる。そういう良い循環が起こるようになる気がする。だから毎日書くと無条件で決めることには大いに意味があると思う。自分を追い込むからなんとしてでもネタを探そうとあらゆることに興味を持ち、観察できるようになると思う。

 

とにかく出来る限り毎日書きたい。「毎日書かなくてもいいや」と言い始めた瞬間から挫折は始まるのだという認識でいたい。

 

 ブログに関する記事は以下の通り

www.mapp.jp

 

 

www.mapp.jp

 

 

www.mapp.jp

 

 

www.mapp.jp