時間がくねくねしてなくてよかった

答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます

ツイッターの使い方

ツイッターを使う利点は「時代の流れを知る」ことだと思う。

 

いま考えているのは、ツイッターは3ヶ月に一度くらいの頻度で1ヶ月くらいハマってみるのがいいのではないかと考えている。

 

毎日のようにやり続けても同じような会話が展開されるだけ。だから3ヶ月に一度、現代人の思想を覗くというのが効果的だと今のところ考えている。

 

情報は使わなければならない。これは確実。情報に振り回されてはならない。ツイッターは魔物。簡単に振り回される。人に振り回される。自分の人生を生きるのが難しくなる。だから毎日やってはいけない。あくまで時代の流れを把握するのぬ留めておいたほうがいい。

 

時代のニーズと言い換えてもいい。金稼ぎと割り切ってビジネスとして使用するのがいい。それでも流れを掴むのは3ヶ月に一回で十分。情報は消費ばかりしていてもダメ。情報は生産する方に傾けたほうがいい。だから3:1の割合で生産する。Twitterを1見たら3生産する。一番いけないのはツイッターを毎日眺めて何も生産しないこと。それは他人の人生を生きているに他ならない。自分の人生を生きよう。

 

1人から情報をもらったら3生産する。それができて、自分の人生を生きていると言える。Twitterという呪縛から早く解き放たれた方がいい。人生は有限。スマホを握りしめてツイッターをやってばかりいるほど人生は長くない。自分でやりたいことをできる環境を自分で作り、納得が行くまでやる。そうしないとせっかく生まれてきたのにあまりにも勿体無い。私は本当にそう思う。

 

これは自分に言い聞かせているひ独り言。読んで何かを感じてもらえれば儲けもの。自分にこういう風にオープンな形で言い聞かせて実行したいからブログを利用して書いている。他人に影響を及びしたい欲望もあるが、自分で自分の人生をダメにしないように自分に言い聞かせている方が大きいかもしれない。

 

とにかく、ツイッターばかり眺めているのは他人の人生を生きているのだと、理解することが大事だ。

 

これがツイッターの使い方。