時間がくねくねしてなくてよかった

答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます

プログラミングは効果的な副業

プログラミングは最強の副業になるのではないだろうか。

 

副業とは本業をサポートするものでなければならない。決して邪魔になってはならない。それは本末転倒になる。

 

本業に専念するために副業をやる。プログラミングの有効求人倍率は高い。2018年4月で6.15という数字だ。求人一人に対して6.15人分のIT業界の仕事が存在しているということ。

 

IT業界の求人倍率を見てみると、2018年4月現在で6.15となっており、近年は6~8前後を推移している傾向にあります。

引用:スキルマ

web-camp.io

 

さらにこれからIT業界の人手不足が進むと言われている。

 

仕事がたくさんあって人手不足ならば単価は確実に高いままでキープされる。さらにリモートで稼ぐことができる仕事も多いだろうから、場所を選ばずに単価の高い仕事で稼ぐことができるということだ。

 

そのように飯を食う仕事と割り切って効率よく稼ぐ副業としてはプログラミングは最適なのではないかと思う。

 

何よりも脳みそを使うので、本業にも良い影響をもたらすこと間違いなしだ。情弱から金をむしり取るような罪悪感も存在しない。セールストークで売りたくもない育毛剤などを売る必要もない。

 

世の中に必要とされる仕事で、その対価をきちんと得られる副業。

 

プログラミングは、本業に取り組むための時間と脳みそを効果的に得られる良き副業になるように思う。

 

 

私が始めたテックアカデミーでは無料体験をやっている。途中でやめても挫折したっていい。始めの一歩をまずは歩むことが大切。無料体験だけでも、プログラミングの世界観を少し垣間見ることができると思う。それだけで価値がある。大人の基礎教養として学んでおいて本当に損はない。