時間がくねくねしてなくてよかった

答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます

ブログのネタを絶やさない方法

ブログのネタが尽きた。

 

そのような状況に陥っているブロガーは多いと思う。

 

きっとこれまで見聞きしたことを「思い出して」書いているからだ。

 

ネタ切れになって「書くために」探してもいいネタはきっと見つからない。「書くありき」ではだめだ。

 

何かを書くなら動いた方がいい。行動2に対して記事1くらいでちょうどいい。

 

動くなら興味を持てるところへ動いた方がいい。興味が持てる世界に、これはきっと新しい世界の方がいい。その新鮮な世界でとにかく行為にハマって、そのアクティブな感動や気づきを文章化していけばいい。まさに生きている情報だ。

 

これまで経験したことを思い出してもそれはそれで良い記事にはなるが、ネタがなければ動いて獲得するのがいい。リアルタイム実況のようなイメージだ。その生きた文章はきっと誰かの心を動かすはずだし、何よりも書いている本人が楽しい。感動したことなどを文章化する、これこそが書く楽しみであると思うからだ。はっきり言って人に伝わるかは二の次だ。そんなことを期待しても疲れるだけだ。「読んで欲しい」という気持ちは図々しい。楽しく書いて、勝手に読みたい人がいてくれたら「ありがたい」とそう思えばいいと思う。得てして「伝えたい」と思わない方が「伝わったりする」ものだと思う。世の中には結構そんな皮肉があると思う。

 

「書くありき」ではなく「自分の興味ありき」。そして生き生きと筆を走らせる。それでいいと思う。