時間がくねくねしてなくてよかった

答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます

人生は長くない

SNSばかりやって薄っぺらい情報をかき集めてわかったつもりになっているそこのお前。

 

情弱だとか人を馬鹿にしているそこのお前。

 

SNSの世界は広いと勘違いしているそこのお前。

 

スマホとか捨てて旅に出た方がいい。

 

他人の世界ばかり見て、ただ知って偉そうにしてる暇があったら、自分の世界をリアルに生きて、自分の世界を広げた方がいい。

 

少なくとも両方を経験してから語った方がいい。

 

だから人生は退屈とか、人生は長いとか、寝ぼけたことが言える。

 

折りたたみのガラケーは真っ二つに折ることが出来たが、スマホはどうやってぶっ壊したらいいのだろう。

 

携帯とか普及してない時代、好きな女の子と連絡をとるには家電にかけるしかなかったが、お母さんがでたりとか弟がでたりとか、当時は勘弁してくれよと思っていたが、実はそれは面白いことだったのだ。今だから面白い時代だと思える。あのドキドキ感というか、そのような感覚を味わえない若者は可愛そうとすら思う。

 

でも、今の若者が歳を取れば、また同じように時代が動くのだから、私と同じ感覚になるのかもしれない。

 

しかし、新しい世代を理解することも大事だけど、アナログの良さも忘れたくないし、大事だと思いたい。

 

私は最近、プログラミングという新しいことを学び始めたが、だからこそ、古いものと新しいものを比較できると思っている。ツイッターの世界にも二ヶ月ほどどっぷり浸かってみた。そしてぼんやりだがその世界観を理解することができた。

 

一番いけないのは、経験もしていないのに分かったように語ることだ。

 

だから若者こそ、スマホの壊し方をさっさと覚えて、意味もないコスパも悪い旅なんかに、損得とか考えずに出たりするべきなのだ。本当にそう思う。