時間がくねくねしてなくてよかった

答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます

ブログが書けない時の良い方法

ブログが思うように書けない時はネタがなかったり、モチベーショが上がらなかったりするというのが原因であると思う。そんな時に良い方法がある。それはクラウドソーシングの承認制の記事作成案件を受注することだ。その理由を説明していく。

f:id:yojiro_s:20181128231818j:plain

 

 

承認されなければブログに載せる

クラウドソーシングでのライティングの案件では、承認制を取っている場合が結構ある。つまり、記事を書いて承認されれば報酬が発生するような仕組みになっている。そして承認されて報酬が発生して初めて著作権が相手に移行するので、承認されなければ自分のブログの記事にすることができる。基本的に単価は低いが、人から依頼を受けて結構高いモチベーションと集中力で書くので、素早く書いた割には案外いつも書いているものより出来がよかったりもする。。

 

金を稼げてネタのアイデアももらえる

ブログを書いている多くの人はお金を稼ぐためにやっているのだろうから、結果的にお金が稼げれば良しとしたい。リサーチしなければ書けないようなものが多いので、勉強にもなる。モチベーションが上がるだけではなくて、記事のタイトルが指定されていて、キーワード、構成なども指定されていたりするので、ネタがなくてもそれに従って書いていれば自然と筆は進む。何よりも時間が惜しいから、とにかくグングン書く。ネタのアイデアのようなものももらえるし、気分転換にもなるし、自分のブログもモチベーションにも繋がるはずだ。自分の記事に載せてやはり積み上げていきたいなと思えれば、ブログを書くモチベーションに直結するはずだ。

 

サグーワークスのプラチナ会員

ちなみに「サグーワークス」というクラウドソーシングは、ライティング案件に特化したサービスを展開している。記事も基本的に承認制のものとなっていて、承認されなければブログにアップするという方法も取りやすいだろう。ライターのランクが「レギュラー」「ゴールド」「プラチナ」に分かれていて、上がるほど文字単価が高い案件の獲得が可能になる。プラチナ会員はサグーワークスが用意しているライティングテストに合格することでなることができ、その試験は案件を一つも獲得していなくても受けることが可能となっている。文章力に自信のある人は受けてみるといいかもしれない。プラチナ会員だけが獲得できる案件は文字単価が全て1円以上となっている。

 

まとめ

ブログだけではなくて、リモートで稼ぐ他の方法に繋がるかもしれないし、うまく利用すればブログとの相乗効果ももたらすことはできるだろう。なんでもいいから1件受注して書いてみると、案外と面白いものだ。書くことに慣れれば、自分のブログにも役に立つだろう。

 

 

www.mapp.jp