時間がくねくねしてなくてよかった

答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます

沢木耕太郎の「檀」を読んだ

沢木耕太郎の「檀」を読んだ。「檀」は作家の檀一雄の妻であるヨソ子の話を元にして書かれたノンフィクションで、ヨソ子の一人称の語りとして書かれている。作家の檀一雄とは「最後の無頼派」とも言われた作家で、死ぬまで放埓な生き方を貫いた人だった。「…

コンテンツという疑似体験が人にもたらすもの

昔は人は食べていくのに必死で将来の夢とかやりたいことなどなく、ひたすら生きていくために労働していた。生きる目的など考える暇もなく生きるために必死だった。生活に必要な物のために働いていた人がほとんどだった。豊かな現代では生活に不必要な物のた…

雇う側と雇われる側を同時進行するメリット

時代が変わり稼ぎ方も変化してきている。 これからはより、個人で稼ぐ能力が問われる時代になってくる。 稼ぎ方には色々あるが、自分でサービスを生み出して誰かを雇用することもあれば、誰かの生み出したサービスのためにや雇われることもある。 ほとんど多…

手段と目的は混合させないほうが良いという話

プログラミングを学習して4ヶ月が経ち、未経験ながらそこそこ大きな会社にプログラマーとして雇ってもらう直前までこぎつけた。実際には三次面接で落とされたのだが、三次面接を直前にしてほぼやる気は失せていた。そしてなぜそのような気持ちになったのか…

ホームレスについて

ホームレスには自由がある。 どう生きるかという自由を自分で選んでいる。 『人は強制収容所に人間をぶち込んですべてを奪うことができるが、たったひとつ、与えられた環境でいかにふるまうかという、人間としての最後の自由だけは奪えない』(夜と霧 新版 …

自分を正当化する

結局は自分を正当化して生きていくほかはない。 人はあれこれ言うし、そしてそれは人の価値観だから、もうそれはしょうがない。 全て自分で選択してるのだから、自分を正当化していくしかない。それまで選んできたのは自分にとって最善だったと。 人に理解さ…

純粋な旅とは

旅は移動すること、未知なるものに飛び込むことを言う。移動や未知なるものとは決して物理的な意味だけではない。 旅人はきっと旅先で素晴らしい場所に出会う。そしてその場所を愛して、住み始めた時点でその人の旅は終わる。 旅は居場所を探す行為ではない…