時間がくねくねしてなくてよかった

答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます

軸について

いきなり訳のわからないことを言うが、軸のない人間などいないと思った

 

さっき『時代のカリスマ』というテレビを番組を見ていてUSJを再建したという森岡毅という人がめちゃくちゃいいことを言っていて、ついついすぐにKINDLEで本をポチりと買い、読み始めてすぐにふとそんなことを思ったのだ

 

本には軸を考えるべきだというようなことが書かれていた

 

そこで軸のない人間などいないと思った。考えるという行為は自分の中にあるものを表面につまり言語化できる状態に浮かび上がらせる行為に過ぎなくて、考えなくても自分の無意識の中にはすでに軸があり、それは年齢によって太くなったり曲がったりするのかもしれないけど存在はしているのだ。それを意識できていなくても何かを選ぶ時にはきっと無意識が働いてその時の自分にとって最適なものを選べているに違いない

 

森岡さんの本には軸は変わってしまって当然だと買いてあったが、これは私が常々思っていたことでもあった。森岡さんの就活においての軸は「成長スピード」ということだったらしいが軸という言葉があまり似つかわしくないぼんやりとした印象を感じた。というのも軸といえば医者になり人を助けるとかサッカー選手として人を楽しませるとかそれなりにはっきりとしたものでなければならないというイメージがあったからだ。軸というものが変化するというのを読んだ時にやっぱりそうだよねと安堵したし私にとっての軸は「流動的であること」という軸という概念に喧嘩を売るようなものであるということも少し表面に上がってきて意識することができた。意識することの良いことは不安が少し解消されるということとこれでいいのだと思えることなのでやはり森岡さんのいう通り考えて意識にあげたほうが健康面にはよさそうである。軸は変化していくのならばたまに最新の状態の軸を意識に上げることで自分をより安定させていくこともできるだろう。